ウーマン

長く生活するのなら住みやすい注文住宅を建てよう

  1. Home
  2. 古のロマンを感じながら

古のロマンを感じながら

インテリア

生活の足を確保しやすい

京都市は西日本を代表する政令指定都市で、その特徴のひとつに電車やバスといった公共の交通機関の豊富さが挙げられます。言わずと知れた観光地である京都市にはたくさんの歴史的建造物があり、そこに行くための移動手段が駅を中心にして四方八方に伸びています。当然、観光客だけでなく地元で暮らす人の足としても活躍しており、自動車がなくても生活できるためガソリン代等が発生しません。また、京都市では分刻みで次の電車やバスがやって来るので、例え乗り過ごしてもすぐにリカバリーでき、結果として時間を気にせずにのびのびと過ごせます。経済的な負担を小さくしつつ、さらには移動手段の時刻表に縛られずに暮らせるのが京都市の魅力です。

経済的な負担が小さくなる

不動産を選ぶとき、新築の一戸建てにするメリットは文字通り真新しい素材で家ができている点で、その分だけきちんと安全性を確保できます。中古だと経年劣化で床下や壁などの目に見えない部分が損傷している可能性もあり、場合によっては多額のメンテナンス費が発生することも考えられます。新築であればその点に関しては心配がいりませんし、日本が地震大国であるのを踏まえると頑丈な家で暮らした方が適当です。さらに、ローンを組んで家を作れるのも新築の良さで、金融機関から融資を得られる分だけ最初に用意すべき費用は抑えられます。一見すると中古の方がお得に感じますが、長い目で見ると新築の一戸建ての方が経済的な負担は小さいです。